共働き楽多家の子育て奮闘記

30代共働き夫婦と子供2人の4人家族。家計や子育てについて徒然に書いていきます。

2019年 半年分の貯蓄を振り返って、目的別の預金に振り分ける。使いやすい銀行考察

家計管理を始めて早6ヶ月。

ここで一度我が家の家計について振り返りたいと思います。

 

ただし、母ちゃんが妊娠、出産のため里帰りをしています。

よって支出は普段と異なるので、今回は収入と、貯蓄を中心に振り返ります。

 

 

2019年上半期の総収入、総支出

総収入(税抜き)400万

総支出    410万 内新車代270万

差額  −10万

 

収入については、出産関係の祝金や保険料なども入り、予想よりも多かったです。

母ちゃんの産休手当も入っています。

支出は生活費自体は、母ちゃんの里帰りで激減しています。新車代がかなりの部分を占めました。

新車代が響き全体では赤字になりましたが、結果としてはまずまずではないでしょうか。

当初の予算設定に無理がないか見直し

半年毎に家計を見直すことは、「正しい家計管理」でも推奨されています。

この半年間はラクダの出張や母ちゃんの里帰りなどで、なかなか支出が安定せず、あくまで参考値といった感じです。

生活費の中の、日用品や食費は、家族揃って生活していなかったため、全くあてになりません。

それ以外だと、

被服費5,000円は少なかったですね。靴代なども入れるとあっという間に予算オーバー

これからは7,000円で様子を見たいと思います。

子供費20,000円は太郎だけだと余裕ですが、2人目次郎も入れるとギリギリといった感じ。

遊興費10,000円はあまり使わず。家族揃ったら外食とかで使いそうです。

車関連費10,000円は主にガソリンでほぼ消えました。しばらく様子見。

その他は医療費がなんだかんだかかりました。

出産関係の祝い事でも出費が多く⋯⋯。

上半期は落ち着くと思うのでこのままで。

よって変更は

被服費5,000円→7,000円

のみ。

他は下半期の結果から考えます。

 

貯蓄額 預け先の銀行を選んだ理由

大学進学資金(教育費)  110万

内訳:預金95万(児童手当24万、家計から5万、保養手当4万、出産祝い金、お年玉、出産手当金、出産の際の保険金など62万)

           つみたてNISA  10万

◯預け先の銀行は使いやすい地銀

選んだ理由

・土日も窓口営業あり

・生活圏に支店がある

・金利の良いキャンペーンをしていた

・ゆうちょATMから無料で預入できる

 

実は先日第2子が生まれました。

なので預金には2人分の祝い金や帝王切開での保険金が含まれています。

帝王切開で出産費用も安くなったので、ここまで貯まりました。

つみたてNISAは今年から始めたのでまだ全然貯まってません。

下半期で更に40万貯める事が目標です。

 

老後資金  73.5万

内訳:個人年金 56万

           つみたてNISA17.5万

 まだ預金での貯蓄はありません。

 子供達が巣立ったら本格的に貯めようと思っています。

 

マイホーム資金  470万

 内訳:預金110万→ ネット銀行A

            介護保険一括払込 360万

◯預金は金利が良いネット銀行

選んだ理由

・5年以上使わない予定のため、金利の良いネット銀行に預ける

 

ネット銀行はネットで簡単に取引できるのも魅力ですね。

ゆうちょATMで簡単に預入できたり、積立や定期などの商品も気軽に購入できます。

介護保険が満期になった時の返金で、マイホーム諸費用を賄うつもりです。

よって、預金がそのまま頭金になる感じです。

まだまだ遠い道のりですね^_^;

 

生活防衛費  140万(+80万)

内訳:夫婦それぞれのゆうちょ銀行定額預金に80万ずつ

       (+80万)は引き落とし用の口座4口座に分散して預金中。合計80万をキープ。

 

◯預け先は使い勝手の良さからゆうちょ銀行とネット銀行に

選んだ理由

・ゆうちょの定額預金は半年後から解約可能。突然の出費に備える。

・ちょっとした生活費を入れておくなら、ゆうちょ普通口座が断然使いやすい!  ATM手数料無料。どこにでも支店がある。

・ネット銀行は使いやすいクレジットの引き落とし用口座になっている

 

生活防衛費はちょっとややこしいです。

ネット銀行は金利が良いのでらクレジットカードの引き落とし以外に貯蓄用でも使っています。

なので余分に預金しているので、実際はもっとあるかも?

我が家は共働きのため、夫婦共に失業とかはないだろうと予想して、月の支出の7〜8ヶ月分を生活防衛費にしています。

 

積立貯蓄 合計

新車購入費  15万

◯自然に貯まっていく!  ネット銀行 積立預金

選んだ理由

・自動で引き落とされて楽チン

・金利が良い

車は買ったばかりですが、一応次の購入のために預金開始。下半期分を一気に入れました。

 

その他の積立

車諸経費  10万

諸経費がこれから3年の内に15万くらいかかる予定です。

まだ検討していますが、これくらいなら年間の予備費から捻出するかもしれません。

 

家具家電  30万

年10万で、3年分積立中

 

歯科矯正  12万

月1万ずつ貯蓄。今年の分は既に割振り済み。

 

旅行費  20万

年20万ずつ積立。その年の旅行に使い、余った分はそのまま積立ていく。

 

なんでも積立貯蓄 

内訳:29万 ネット銀行B

選んだ理由

・金利が良い

・ゆうちょATMから預入できる

 

なんでも〜とアバウトな用途にしている積立預金。

ここから、冠婚葬祭費や引越し費用などを捻出する予定です。

 

オマケのへそくり

家計の残し貯めと母ちゃんのお小遣いの残り。

母ちゃんの貯蓄用口座に入っています。

10万以上貯まっているようです。

こちらはちょっとした家族の贅沢に使う予定。

また、DWEの追加購入用に15万タンス貯金しています。

こられらは貯蓄には含みません。

ないものとして扱います。

 

貯蓄総額 1000万をキープ

新車を購入したことで、預金がだいぶ減りましたが、固定費の見直しなどで節約を進めた結果、1000万の貯蓄は維持できました。

簡単な計算で、年始に1100万あった貯蓄から車代270万を支出し、現在1060万ということは、

1100−270+x=1060

                   x=230万

貯蓄としては半年で230万増えたことになります。

保険金とか祝い金とか、臨時収入のおかげですね。

 

下半期はマイホーム資金を増やす!

教育資金は上半期順調だったので、下半期は児童手当とNISAで目標が達成できそうです。

老後資金は無理せず貯めるつもりなので、下半期はマイホーム資金を少しでも増やせればと思います。

また、今後引越しや家電など出費が続くので、なんでも積立が減らないように気を付けたいと思います。

具体的には、引越し費用に40万を用意して、残りは全部マイホーム行きです。

目標は、マイホーム資金+30万で!

 

まとめ

正月に家計簿をつけ始めてから、家計改善に努めてきました。

この半年は出産関係の支出入があり、他の年の参考にはできません。

けれど、家計を見直し貯蓄ができたことは、楽多家の大きな財産になりました。

これを自信に、下半期も頑張ります^ ^

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村