共働き楽多家の子育て奮闘記

30代共働き夫婦と子供2人の4人家族。家計や子育てについて徒然に書いていきます。

既製品より便利 ヨダレが多い赤ちゃんのためにタオルスタイを針なしで自作

f:id:star-glitters:20190325213425p:plain

 

赤ちゃんが生まれたらまず買うだろうグッズの定番、

タイ!

可愛いスタイをたくさん貰った楽多家。

太郎につけて可愛い可愛い!  と親バカ丸出しでした。

しかし、太郎の首がすわり始めた頃に、とある問題が発生しました⋯⋯

 

 

オシャレなスタイじゃ間に合わなかった

飲み込む力が弱い赤ちゃんはヨダレがいっぱい出ますよね。

太郎もいつも口からダラダラこぼしていました。

可愛くてオシャレなスタイをしてみるものの、すぐにぐしょぐしょになっていました。

 

保育士さんから教えてもらった自作スタイ

解決方法はないだろうか?  と思っていたところ、保育士をしている親戚から手作りのヨダレかけを貰いました。

それはタオルで作った大きめの吸収力バツグンのヨダレかけ⋯⋯

こ、これだ!  と思いました。

タオルはたくさん貰い物があって余っているし、デザインも色々あって可愛い。

何より簡単に作れる!

さっそく母ちゃんが大量に作っていました。

針いらずなので、太郎がいても安心して作れましたよ。

 

針いらず! タオルスタイの作り方

[用意するもの]

  • 適当な大きさのタオルハンカチやフェイスタオル ※ 正方形だと使いやすい
  • 細めの裁縫用ゴムヒモ  100均でもOK
  • ひも通し  無ければ割り箸の先に穴を空けて代用

[作り方]

  1. ひも通しの穴にゴムを通して緩く結ぶ
  2. タオルの端を縫った部分にひも通しを入れてゴムを通す ※下の写真部分 
f:id:star-glitters:20190326164149j:plain
     3.ゴムを適当な長さに切って、両端を玉結びする

 

完成!

 

つけるとこんな感じです↓

 

f:id:star-glitters:20190325213605j:plain

 

小さいものはヨダレかけ

 

f:id:star-glitters:20190325213508j:plain

 

大きめのものは食事用と使い分けてました。

 

使う時の注意点

赤ちゃんが使う物なので、注意点がいくつかあります。

  • ゴムの長さ・太さを適切にする。肌を傷めないよう注意しましょう。太郎はへっちゃらでしたが⋯⋯
  • 自分で動けるようになったら踏まないよう、どこかに引っ掛けないように注意。

 

ハイハイが始まる頃にはヨダレも大分落ち着きますが、遊んでる時につけるのであれば、目を離さないようにした方が良いでしょう。

まだ自分で手を使ってスタイを退けられない子は、寝てる時に顔にかかると危険なので、しない方が良いですね。

 

食事中にも便利 

太郎は生後3ヶ月から食べ掴みをする頃まで、このタオルスタイのお世話になりました。

ミルクを零したらささっと拭けます。

離乳食初期の水っぽい食事でも、吸収力が高いしカバー力があるので、服を汚すこともありません。

食べ終わったら机の上をささっと拭いて流しで食べ物を洗い流し、太郎の手と顔を拭いていました。

ズボラですみません(⌒-⌒; )

コップの練習時にも便利ですよ。

畳めるので何枚も外出に持って行きました。

次は第2子で活躍してもらおうと思います。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村